黄檗宗

京都府宇治市の萬福寺を本山とする禅宗のひとつです。開祖の隠元禅師は、江戸時代に中国から日本に渡り、黄檗宗を開きました。

禅師の請来された文物は、美術、医術、建築、音楽、史学、文学、印刷、煎茶、普茶料理など広汎にわたり、宗教界だけにとどまらず、広く江戸時代の文化全般に影響を及ぼしました。このほか、インゲン豆、西瓜、蓮根、孟宗竹(たけのこ)、木魚なども禅師の請来によるものです。

通玄寺

通玄寺は開基を霊峰和尚、開山を字山和尚としております。

当山は、そもそも霊峰和尚が「朝陽堂」と称し、茶に親しまれていた小堂であったとされています。霊峰和尚には5人の徒弟がおられ、そのひとりに字山和尚がおられました。

字山和尚は師僧である霊峰和尚より、朝暘堂において黄檗禅を宣布せよとの命を受けられ、ここに宇治山通玄寺と命名されました。時に宝永3年(西暦1706年)のことでした。

御本尊である釈迦牟尼仏は建立と同時に奉戴されたもので、伏見の工匠の作です。また安永年間に至り、第三代・大元和尚は大梵鐘お建立されましたが、昭和17年に戦争供出となり、現存する梵鐘とは別のものです。